音楽塾 ワクイ・システム
トップページ
プロフィール
指導内容例
涌井システムの心
涌井純子のハープ教室
出版物/主要教材/CD
生徒募集
指導者募集
おたまじゃくしのつぶやき
支部教室
卒業後の道
リンク集
主幹(ハープ奏者)涌井純子プロフィール
主幹・涌井純子
(Wakui Junko-涌井曄子三女)

1962年 東京生まれ。幼少より父より音楽上の薫陶を受け、音楽家である祖父母・母・伯父(高城重躬)より音楽の手ほどきを受ける。ピアノを羽鳥栄氏、賀集裕子氏に師事。 9歳より入野義朗代表「JMLセミナー」 基礎科に入門。入野冽子氏に師事。

13歳よりハープをヨセフ・モルナール氏に師事。

国立音楽大学ハープ科を卒業。
在学中、同大学オーケストラとビュッセル作曲「ハープ協奏曲」 を共演。
卒業演奏会に出演。
同年、日本ハープ協会主催による新人デビューコンサート、
音楽の友ホールにおけるジョイントリサイタルに出演。

桐朋学園大学研究科ハープ専攻修了。

キャロル・マクラフリン氏、及びパリ国立音楽院(当時 )教授マリー・クレール・ジャメ氏の特別レッスンを受け賞賛される。
作曲を長与寿恵子氏・山本純ノ介氏に師事。

国際ハープフェスティバル・ファイナルコンサートにてソリストとして出演。
長与寿恵子氏作曲「マニョリア」を初演。
佐藤允彦氏作曲「ダブル・タクシーム」など邦人作品を世界初演し、大好評を博す。

編曲も手がけて 稲田マキ氏と共演したCD「小さな空」は、「レコード芸術」準推薦盤、季刊・オーディオアクセサリー<12人の評論家が選ぶ優秀盤オーディオグレード>優秀盤に選出され、「精彩な洗練されたハープ」と高く評価をされた。

ハープの為のオリジナル曲はもとより、自ら編曲を手がけたリサイタル、文化庁芸術祭参加作品「北原白秋コンサート」、CDに出演等、作編曲・演奏を一貫したスタイルを確立し、独自の音楽活動を展開している。

涌井システム本部で主幹として後進の指導にあたる。
尚、涌井システムの構築のモデルとして四歳から母に協力、その出版物全曲にタイトルを付けた。六歳から教材内容に協力を始め、その教育法は今でも幼い生徒から大人までの心に訴えている。

  所属団体--

(社)日本音楽著作権協会
(社)日本演奏連盟
日本ハープ協会
日本・ロシア音楽家協会


  著書

編曲集『妖精たちの踊り』 (東京音楽書院刊)
『たのしいリズム』『たのしいピアノ』(KMP刊)

  CD 『二羽の挿話』<Episode> (N&F)