音楽塾 ワクイ・システム
トップページ
プロフィール
指導内容例
涌井システムの心
涌井純子のハープ教室
出版物/主要教材/CD
生徒募集
指導者募集
おたまじゃくしのつぶやき
支部教室
卒業後の道
リンク集
涌井システムのあゆみ


涌井システムの前身である「玉鈴会」は大正三年に会長・涌井曄子の父、高城重之(バイオリン奏者)、母、翠(ピアニスト)により創設される。
演奏活動(当時はラジオ)、又、教え子に高木東六氏等、多数の音楽家を育成した。

  昭和20年 音楽教育の研究を始める。
  昭和21年 結婚し、涌井曄子となり、戦後初めて幼児音楽教育の研究を始める。
  昭和28年 系統だった教育システムを築き始めた頃、「古い手箱」の曲を執筆し、涌井システムの出発となる。
  昭和45年 絵おんぷを発明する。 三女・主幹の涌井純子がモデルとなる。
  同年 「絵おんぷからバイエルまで」を出版。平成16年現在、80版の再販を重ねる。

「たのしいリズム」「たのしいピアノ」「絵おんぷどうよう」「たのしいおうた」「やさしい絵おんぷ」等、 次々と出版される。
  昭和47年 『入野義朗氏代表 JMLセミナー』の主任講師となる。
JMLセミナーにて涌井システムの中身を『2歳からの音楽教育』として教授する。
  昭和49年 9月 日本で初めて楽譜として『絵おんぷ/鍵盤カード/かげ絵から音符に導入する方法』が
特許庁より実用新案許可される。
  グレオリオ音楽院の講師を経て、長年主に日本歌曲の作曲活動、出版活動を続け、現在に至る。
全国に30の支部がある。

プロフィール

写真下の名前をクリックすると、各プロフィールがご覧いただけます。

会長・涌井曄子 主幹・涌井純子
【涌井システム会長】
涌井曄子
プロフィール>>
【主幹】
涌井純子
プロフィール>>


■チェンバロ奏者 故・涌井裕未(涌井曄子次女)の略歴>>